おまとめローン メリット

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンは複数社からの借入をしてしまったために毎月の返済が苦しく、精神的にもストレスがたまり、少しでも楽な返済ができるようになる商品で、おまとめローンは多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

 

「おまとめローンのメリット」

おまとめローンのメリットは、何と言っても「金利の低いところへ借り換える事で総返済額を少なくできる」といったメリットのほかに、「キャッシング会社の返済日がそれぞれ違うため、返済日を常に気にしていなければならないのが返済日を1日にまとめることで仕事に集中できる」ことや、おまとめローンで借り換えができれば「新たな返済計画が立てられるので、楽な返済ができるようになる」といった多くのメリットが有ります。
銀行カードローンをおまとめローンとして利用した場合、メリットといえるかどうかわかりませんが、返済を続けて借入残高が少なくなると利用限度額まで再度借りることができることや、反対に消費者金融の「おまとめローン」は返済だけになりこれ以上借金を増やしたくないというかたにとってはメリットになります。

 

「おまとめローンのデメリット」

おまとめローンを利用するときは、現在の金利より低い金利で借りることが最優先ですが、キャッシング会社によって金利の差がそれほど見込めない場合があります。
キャッシング会社は、貸し倒れのリスクが高いと思われる債務者には、高い金利で貸付をします。
現在、多重債務の状態になっている債務者は、貸し倒れリスクが高いと判断されることが多いため、結局金利は思っているほど低くはならないことが多いです。
また、おまとめローンで借り換えをするとき、新たに返済計画を立てることができます。
今まで返済が苦しかったので、毎月返済を少なくして楽な返済をしたいといった場合注意が必要で、毎月返済額を減らしたために返済期間が長くなり、利息が増えることで今より総返済額が増えてしまうことがあります。

 

おまとめローンで借り換えると、融資金で消費者金融などの現在の借金を返済します。
おまとめローンで借り換えると利息制限法による引き直し計算はされません、
長期間グレーゾーン金利で返済していた場合、利息制限法による引き直し計算で借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりすることができることがあるのですが、おまとめをすると、金利の引き直しをせずにグレーゾーン金利に基づいた計算での残額を全額支払ってしまうことになり、減額や過払い金返還の機会がなくなってしまいます

 

おまとめローンを利用すれば、返済を続けていく上でメリットもありますがデメリットもあることを理解して利用するようにしましょう。
参照元:おまとめローン入門書@おすすめ銀行カードローン3社徹底比較

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の借金をひとつにまとめる貸付け商品です。債務の負担が大きい方や多重債務でお困りの方にとって「おまとめローン」は、大変おすすめの商品と言えるでしょう。このサイトでは、おまとめローンの種類やそれぞれの特徴について、詳しく説明したいと思います。

 

現在、借金の問題を抱えている方、債務整理などを検討中の方は、ぜひ本サイトの記事を参考にしてみてください。おまとめローンは、いわゆる「ブラックリスト」のような扱いを受けることなく、信用情報機関におけるデータをクリーンな状態で残しておくことが可能です。また、おまとめローンを利用すれば、債務整理や自己破産の後に受けるカードの発行停止や5?10年間のカード利用制限を受ける心配がありません......。

 

もちろん、おまとめローンの利用中に(返済の)遅延が出てはいけません。また、おまとめ中に他社の借入を増やしてしまうのも、会員資格の停止などに追い込まれてしまうので(新たな借入は)絶対に止めましょう。一旦おまとめを始めたら、完済するまで新たな借金を抱えないことが大切です。おまとめをしながら新しい借金を作るのは、これまで以上に返済の負担を大きくしてしまうので大変危険です。

 

「おまとめローン」の貸付けを行っている金融機関は、銀行だけではありません。クレジットカードの発行で知られる信販会社、銀行系列の消費者金融でも、おまとめ目的のローン(借り換えローン)を多数扱っています。銀行の審査が厳しい、なんとなく不安だという方は、これらの金融機関で、おまとめ専用のローンに申し込んでみてください。

 

おまとめローンは、別名「貸金業法に基づく借り換えローン」と呼ばれています。貸金業法と言えば、総量規制を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 総量規制では、年収の3分の1をこえる貸付けは禁止されています。これは、バブル崩壊後から問題になっている「多重債務者を減らす」目的があるからです。

 

おまとめローンを使うメリットとしては、複数の金利をひとつにして、金利の低いローンに借り換えができるという点です。これらのローンを利用すれば、月々の返済負担をこれまで以上に軽くすることができるでしょう。

 

ただ、金融機関の中にはおまとめローンにも関わらず、法定金利の上限ギリギリに近いローンも存在します。おまとめ目的で借り換えるのであれば、なるべく金利の低いカードローンを利用してください。銀行の貸付け商品は、全体的に金利が低く設定されていますが、消費者金融に関しては一部、金利の高いものが存在しています。

 

現在抱えている借金の負担が軽減できるのか、それぞれのローン商品をしっかり比較して、申し込む商品(ローン)を絞り込むようにしましょう。